思わぬ出会いをくれた海外通販サイト!今では虜になるジェネリック

個人輸入の説明

ここ最近インターネットの普及に伴い、日本にいながら世界中のありとあらゆる買い物ができるようになりました。
その際に、身近に感じる海外通販と個人輸入とでは、どんな違いがあるのでしょうか?
海外通販とは、海外の通信販売会社、小売店、メーカー、ネットショップなどをインターネット、電話、ファックスを通じて商品を購入することを指します。
海外通販の魅力は、なんといっても日本でまだ販売されていない未発売の商品が購入できることにあります。
また、日本国内で取り扱う商品でも為替の変動にもよりますが、安く購入できることもあります。
一方、個人輸入とは、はっきりとした定義はありませんが、外国の商品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が輸入の時にかかる諸費用を負担し、直接購入することとされています。
そのため、個人の使用を目的でないものは、少ない個数であっても、商業輸入とみなされ、課税の対象となる場合があります。
個人輸入の魅力は、中間業者を入れないことで、中間マージンの負担が最小限に抑え購入することができます。また、個人輸入のみの免税が適応されることも魅力です。
では、海外通販と個人輸入の違いはどんなことでしょうか?
海外通販は、海外から商品を購入すること全般を示し、個人輸入は、商品を海外から輸入し、輸入時に必要な諸費用を個人で負担して購入することが大きな違いです。
その中でインターネットなどを中心に話題なのが、ジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とは、新薬として長年使用され、新薬の特許が切れた後、製造・販売する医薬品であります。
もともと、新薬を製薬会社が開発したら、特許を取り、約20~25年間、独占的にその新薬を製造・販売することができます。
その後、製造・販売した会社とは、違う別の会社が製造できるようになり、その新薬と同じ成分、同じ効果、同じ安全性のあることを厚生労働省が定めた厳しい基準をクリアし承認をされた販売できる医薬品です。
ジェネリック医薬品の魅力は、新薬と比べて、価格が安いことです。
新薬は、開発に数十年という長い期間要し、研究開発費も膨大な金額がかかると言われています。ジェネリック医薬品は、既に国賀効能、安全性が確認されている有効成分を使用するため、開発に時間や研究費がかからないため、新薬に比べて、低価格で提供できることです。
ジェネリック医薬品の中には、服用者が飲みやすいように錠剤を小さくしたり、苦くないようにコーティングするなど施したところもあるため、新薬とは違う工夫のされた医薬品です。